スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | コメント(-)

口悪 



動きはキレてる。序盤だからか。

3 point playに対して、相手に敬意のない態度。
特にこの後に起こるプレイのガッツポーズは攻撃的だった。

Villaneuavaへの"ガン患者"発言疑惑。
KGは"お前はチームのガンのような存在だ"と発言したと釈明。

どちらにせよKGのTrash Talkが酷いのは有名なこと。

そら賛否両論でしょうね。相手からしたら、これほど邪魔な物はない。

しかしなんなんでしょう。
ここ最近の"ガン"は酷かったにしろ、Trash Talkをコート外で具体的に持ち出すのはまったくノーセンス。

ルール内(テクニカルファウル含む)で勝てば良いというのも事実であって。

BOSのことが嫌いなLALや、特にKGを嫌うNYの方はワーワー言うのでしょうね。

何せ勝てば良いんです。
スポンサーサイト
[ 2010/11/05 10:13 ] C's | | CM(0)

キャプテン必殺! PPPだ! 


審判をノーファウルで殴りつけるとは流石すぎます。

今日はチームで取った勝利でした。
[ 2010/06/11 17:19 ] C's | | CM(4)

父ちゃん 


何このキレ、この平然さは。
意味が分からん。いや、分かります。分かります。

流石です。
[ 2010/06/08 17:49 ] C's | | CM(0)

輪舞くん 


ロンドくんの格好良過ぎるCavs戦での勇士を。

ダヴィンチの理論よりも11%も腕のスパンが広い。
手の大きさはレブロンより大きく、バランス的にはヤオ・ミン相当。

そらルーズボールやスティールに強いのも分かります。

ロンドの弱点はDFと吐き捨てたNHK解説のnorth mansion氏の1言は忘れません。
[ 2010/06/08 17:48 ] C's | | CM(0)

スパニッシュ vs ビッグチケット 

a911da0a2ca2c1d4601a76d3efe2dd2d-getty-99985998cc099_nba_finals_ga.jpg

第1戦。敗北。私が想像したC'sの動きとは違いすぎる現実に落胆。
黄色が怖くなり、黄色が映る度にイライラするか冷めるか。

第2戦。アウェイで勝利。苦しいながらもそこらの単に強いチームとは違うゲーム運び。
次勝てるだろうか... 次はどうなるだろうか...

結局2年前程の余裕がないのは、我が完全なチャレンジャーだから&年をとったから。
とはいい、シーズンみたいな時々やってくる覇気のない試合は短期決戦ではNGであります。

黄色が嫌いといっても、あくまで歴史上・形式上の物。
呪い倒したいのは、相手が諦めた時間帯でも平気で3Pを打ってくるブヤチッチぐらいのもの。

しかし、今回のスパニッシュのKGを真下に見たようなコメントは許せない。
初戦勝った高揚感と記者の誘導によって起こったコメントが、
おいしいところだけカットされ、湾曲した後一人歩きして報道されるのはいつものこと。
しかしコービーとコンビを組むもの、コービーにあるのは王者の貫禄。スパニッシュは単なる高慢に思えたり。

その矛先のKG
我ら緑ファンとして批判の集まる物を擁護したい気持ちは当然大きい限り。
しかし結果の出ていない選手への批判は仕方がないこと。
「KGは裏で頑張ってる。」
裏で頑張るだけでは済まされない選手だっているのですよ。高い年俸貰ったプロなんですから。

批判され続けた緑ファンは、なんとか反論する気質になるのは当然といえば当然。
「今のKGはスクリーンやDFで活躍してる!」
こんな反論は私はしたくない。あんな動きじゃ正当化できません。

不振の選手への批判は当然。どうにか穴を見つけて陰湿に批判するメディアは的違い。
ファンとしては「スパニッシュなんかに負けるな!」と批判でも正当化でもなく応援したい限りです。
ここのポジションのぶつかり合い=KGの復活が優勝への1つの鍵。

bc0e5b0073dab395a4b0fb889e2f8c9e-getty-99985998cc073_nba_finals_ga.jpg

インサイドの高さが違い過ぎる以上起こりえるファウルトラブル。
ベンチから出てくるラシードの動き。
特にこのフェードの動きにスパニッシュはほとんど対応できていないように見えます。
ディフェンスにおいてもラシードが安定化の為の鍵を握っているようにも...思えます。

王者の黄色。
"デカイです・守れます・跳べます"の3人組。しかし他はイマイチの通称イマイチ3。

そうですよ。
膝が悪いし、特にムーブもないけど兎に角大きい彼。
平気でフリーの3Pはゴールを越えて行きますが守りは超1流な彼。
もの凄いジャンプ力で全て叩き込みに行きますが、セレクションがイマイチな彼。

このイマイチ3。
しかしトライアングルオフェンスにハマると恐ろしく動く。
どちらかといえば2年前、我らがキャプテンをマークしてファウルが増えた彼の方がよっぽど楽だった。

このイマイチ3がイマイチらしからぬ動きをすると正直勝てる気はしない...

何はともあれポイントはスパニッシュ。彼が止まるか否か=彼を守れば勝てる。
今のところ全く対策は回らない... 流石にインサイドのツインタワー、213cm2人は厳し過ぎます。

正直不安要素が多そうに見えて至って単純、どう相手のツインタワーを攻略するかとファウルトラブル。
そうなるとやっぱりKG&パーク&ラシード(おまけでデイビス)がどこまで出来るか。
他のP2&レイ&ロンドの最低2人が活躍すること。
あとは、予想外の活躍。2年前だとポウちゃん。となると今年はネイトくん?

こうならないと厳しいながらも、プレイオフは機能した方が多かった事を考えると未来も暗くないかも。
次から我らのHome3つ、全部勝つぐらいの勢いで行きたいですが、いうほどHomeが強いわけでも...

今年のシーズン終了後、次のシーズン開始まで黄色恐怖症になってないことを祈ります。
[ 2010/06/08 17:44 ] C's | | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。